トレック ドマーネ S5

新たなテクノロジーが歴史を刻む

速さとスムーズさ、IsoSpeedを搭載したDomaneには、すべてがある。劇的なスピード。フランドルやルーベの激しいパヴェ(石畳)でのレースでも、圧倒的な快適さと安定性。忍耐などいらない。征服せよ。

数世紀の歴史ある石畳を走り抜け、目の眩む劇坂を登りきり、流れるように下り終え、圧倒的な勝利をその手に掴む。それが、ファビアン カンチェラーラとDomaneの走りだ。あなたなら、どう攻める?

主な特徴

圧倒的な快適性能

リアのIsoSpeed テクノロジーの高い振動吸収性は荒れた路面をものともしない

400 Series OCLV カーボンフレームが長時間、力強い走りを可能に

驚異の安定性を誇るジオメトリーとストレスフリーな変速性能

Iso Speed(アイソスピード)

「体に優しく、そしてずば抜けたパフォーマンス」剛性と振動吸収性を両立させる数十、いや数百ものアイデアが試され、様々な結果を残してきました。中には多くの振動吸収性素材やサスペンションシステムも含まれます。これらすべての試みは見事なものであったかもしれませんが、プロライダーから好まれる効果と効率を両立させるものは存在しませんでした。しかし、それは2012年にIsoSpeedが誕生するまでの話でした。

IsoSpeedは、振動吸収性という課題への試行錯誤(サスペンションシステム、エラストマー、振動吸収ダンパーなど)に対し、ダイアモンド型のフレーム形状を保ちつつ、シートチューブをトップチューブから「分離」させ、路面からの振動に従いシートチューブをしならせるようにしました。その結果、従来のレースバイクデザインが持つ感覚と効率の良さを兼ね備えつつも、路面からの衝撃を吸収するバイクが完成したのです。この「分離」は、バイクモデルによって、2つの方法で達成されています。どちらの方法も、振動吸収性に優れた走りを提供するという点で、効果は同じです。

IsoSpeedのデメリットとは?

今のところ、ありません。IsoSpeedは従来のフレームのパワー伝達とハンドリング特性を持つが、明らかに振動吸収性に優れている。重量増はなし、メンテナンスも不要。比較的お求めやすい価格のアルミフレームのバイクにも導入されるようになりました。さらに、フレームにはトレックが誇る業界一の生涯保証まで付けられています。

フレームセット

フレーム 400 Series OCLV Carbon, IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, Power Transfer Construction, hidden fender mounts, 3S chain keeper, DuoTrap compatible
フォーク Domane carbon, E2 tapered steerer, hidden fender mounts

コンポーネント

ホイール Alloy hubs; Bontrager Tubeless Ready rims
フロントハブ Alloy
リアハブ Alloy
リム Bontrager Tubeless Ready
タイヤ Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x25c

シフター Shimano 105, 11 speed
フロントディレーラー Shimano 105, braze-on
リアディレイラー Shimano 105
クランク Shimano 105, 50/34 (compact)
BB BB90
カセット(スプロケット) Shimano 105, 11-32, 11 speed
チェーン Shimano 105

サドル Bontrager Affinity Comp, chromoly rails
シートポスト Bontrager carbon, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset
ハンドルバー Bontrager Race VR-C, 31.8mm
グリップ Bontrager gel cork tape
ステム Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8″ top, 1.5″ bottom
ブレーキセット Shimano 105

重量

重量56cm – 8.82 kg / 19.44 lbs

価格

249,000円(税込)

ロードバイク一覧