シティサイクルとロードバイク、スポーツ自転車はここが違う!

ロードバイクとシティサイクル(ママチャリ)の違い

最近では休日となれば国道などでよく見かけるロードバイク、ヘルメットをかぶってさっそうと走る姿は健康的で気持ち良さそうだと思いませんか!?そもそもロードバイクってシティサイクルと何が違うの?どうして価格が大きく違うのか、気になりますよね~!??

まずはロードバイクとシティサイクルは自転車といっても全く違う乗り物と思っていただければと思います。現在ロードバイクに使われる素材は最先端の素材が目白押し!自転車のフレーム(ボディ)、ホイール(車輪)、ハンドルなどにはカーボンや、超軽量アルミ合金、チタン合金等々、航空宇宙産業などでも用いられる最高の素材が使われているのです。軽さや耐久性はシティサイクルで使用される物とは大きく異なります。さらに一般的にシティサイクルの重量は約15kg~20kgあたりになりますが、ロードバイクでは約7kg~9kgあたりが一般的で、軽いバイクでは5kgを切るバイクもあります。ロードバイクは方手で簡単に持ち上げる事もできちゃいます。

さらにシティサイクルとは大きく違うハンドル、特徴的なドロップハンドルもザ・ロードバイクですね!様々な場所を握る事が出来るので乗り方や体の疲れに応じてベストなポジションで走行が出来るのです。これもまた長距離などを走る際には重要なのです。

もう一つ特徴的なのが細いタイタ、ロードバイクでは約25mm程度に対してシティサイクルでは約35mm幅の幅でさらに大きく空気圧も異なります。ロードバイクでは7~8気圧に対してシティサイクルでは2~3気圧。これによってロードバイクでは非常に路面抵抗が少なくなりシティサイクルよりも圧倒的に軽く走行することが出来るのです。

ロードバイクは非常に高い強度と耐久性が必要です。

もちろん軽いだけではありません、ロードバイクではシティサイクルと比べその走行感の軽快さから50km、100km、と長距離も難なく走ってしまいます、そのため自転車の耐久性がとても必要となり、実際の使用よりも過酷な条件で耐久テストを経て製品化されます。フレームやパーツには大きな負担がかかるので非常に高い強度と耐久性が必要となるのです。当店でおすすめしているアメリカのスポーツ自転車メーカー「TREK」では「生涯保証」が付帯しておりますので品質や性能、耐久性は特に安心して頂けるかと思います。

変速ギアも豊富

ギアの数もシティサイクルではシングルギアから3段ギアが一般的ではありますが、スポーツ自転車、クロスバイクでは24段や27段、ロードバイクでは22段が一般的です。そのギアの数が長い時間走行すると大きな違いとなってきます。自分にあったギアの重さがすぐに見つかるので無理なく走行することが出来るのです。

26インチや27インチだけじゃない!

シティサイクルの場合だと、26インチや27インチなど車輪の径で選ぶ事になると思います、男性、女性など身長にあわせて選べることは選べますが車輪径が違うとどちらかと言うと同じ自転車ではなく、違う車種の自転車を選ぶ感覚になります。体に合わせてサイズを選ぶ感覚とはちょっと違いますよね。もちろん近所のお買いものなど長距離を走る事が無ければこれで十分だと思います。

ロードバイクは豊富なサイズから体に合った一台を選びます。

スポーツ自転車、ロードバイクでは、同じ車輪径の1つのモデルに対し、フレーム(ボディ)のサイズ展開が豊富にあります。このフレームサイズで様々な体格の方々が、同じ走行特性を持った同一モデルの自転車を自分の体に合わせて選ぶことができるのです。洋服や靴などを選ぶ場合もダボダボなサイズやブカブカのサイズでは動きずらくてしかたありませんし、きつくて体が痛くなったり足にマメができたりとサイズが合わなければまともに動けませんよね。

スポーツ自転車メーカーではそのモデルに設計した乗り味を様々な体格の人が同じように感じることができるように、各フレームサイズごとに一から設計しているのです。スポーツ自転車メーカーによってもサイズ展開が豊富なメーカーもあれば、少ないメーカーもあります。当店でおすすめしている「TREK」のロードバイクでは一つのモデルに対して9サイズの展開まであるものもございます。それだけのサイズを揃えるだけでも大変コストがかかるとは思いますが、様々な体格の方にピッタリな1台を選ぶには重要な事なのです。

ロードバイクは購入してからが本当のスタートです。

さらにそこから私たちプロのスタッフがサドルの高さなどのフィッティングを行い、より自分の体に合わせて納車させて頂くのです。もちろん実際に乗り始めてからさらに細かなフィッティングを行っていきます、一般的な完成車では決められたフレームのサイズ以外にもハンドルやステムなどのパーツも決められています、乗り方によっては体のつくり、柔軟性は日々変わっていきます、それに合わせてお客様と相談し、より自分に合った快適な1台を作り上げていきます。

最後にシティサイクルとの大きな違いはやはり買って終わりではなく買ってからがスタートだという事です。ロードバイクでは今までには感じる事の出来なかった爽快感や、達成感、所有感がグッと違います。乗り始めてからさらに自分の体に合わせてカスタマイズしていくことでより楽に遠くまで自分の力で走る事が出来ます。さらに同じ趣味をとおして新しい仲間との出会いなどもまた楽しいですよ。

当店にてご購入頂いた皆様も、当店の色々なイベントに参加して頂いたり、新たな仲間との出会いであったりと充実したサイクルライフを送られています。心も体も豊かになる、それがロードバイクです。という事でシティサイクルとはそこが違う!でした。(笑)