初めての自転車レースに参加してみよう!富士チャレンジ編

ワクワクドキドキの自転車レース

ロードバイクやクロスバイクを手にしたらぜひ一度チェレンジしていただきたいのが自転車レースです!レースといってもここでは我々一般サイクリストが気軽に参加できるいわゆる草レースです。自転車レースも様々なジャンルがあり、坂道を上るヒルクライムレースやサーキットなどを周回する耐久レースなどなど。そこで初めてのレースに特におすすめなのがサーキットを周回する耐久レースです、比較的平らなサーキットを時間内に何週できるか、もしくは定められた距離をどのくらいの時間で走り切れるかの挑戦です。自分ひとりでチェレンジしたり、仲間同士でチームを組んでチャレンジするもさまざまです。とにかく自分のペースで走れて休憩も好きな時にとれるで初めてのレースでも安心してチャレンジできます。

どうしたら自転車レースに参加できるの?

自転車レースにはどうやって参加できるのか?レースに参加するにはまず必ず事前にエントリーを行います。そしてエントリー費(参加費)が必要です。もちろん自転車も。(笑)ほとんどが気になる大会のホームページよりエントリーが可能です。参加する大会によってエントリー費も変わります。エントリー期間も決まっていて必ずその期間中にエントリーしなければなりません。特に人気の大会ではエントリー期間が終わる前に定員となってしまう事もあるので気になる大会はすぐにエントリーしましょう!

でもやっぱり初めてのレースは不安・・・。

そんな時はやっぱりサイクルショップエンドウ開成店と一緒に参加しましょう!(笑)当店では毎年9月に静岡県の小山町にあるサーキット、富士スピードウェイで行われる自転車耐久レース、富士チェレンジに参加しています。そうです、あの富士スピードウェイです。車のレースやるとこです。(笑)そこをなんとロードバイクやクロスバイクで走っちゃうのです!一人で100kmもしくは200kmを何時間で走れるか、もしくはチームで100kmもしくは200kmを何時間で走れるかをチャレンジします。一人で参加は不安だなぁって方は当店にてチームを作って参加するのがおすすめです!でも組む相手は?安心してください、一人で参加は不安だなぁ~って方、沢山いらっしゃいます!(笑)そんなみなさんで店主が勝手にチームを組んじゃいますので。(笑)もちろん富士チャレンジではエントリーも当店が代行するので面倒な手間は一切ないですしね。みんなで行けば怖くない~~~!!

いよいよ自転車レース、富士チャレンジに参加します

エントリーが完了したらいよいよ大会当日を待つだけです。富士スピードウェイはサイクルショップエンドウ開成店のある神奈川県開成町から車で1時間弱なのでアクセスも抜群です、大会1週間前にはご自宅にナンバーカード(受付表)が届きますのでそちらを忘れずに持参します。(当店代行エントリーの場合は届きません)駐車場に車を止めて自転車や荷物をもって自分たちの決められたピットに向かいます。決められたピットが大会当日の自分たちの居場所になります。チームエントリーの場合はこのピットでバトンタッチしてレースを楽しみます。当店にて代行エントリーした場合はすべて同じピットになるので我々スタッフはもちろん、顔見知りな方々もいらっしゃると思いますので安心感抜群です!(笑)当日のメカトラブルもスタッフがいますのでさらに安心!ただただ大会を楽しむだけ!

ピットで一息ついたら次は受付です。(当店代行の場合は不要)受付が終わったら後は本番を待つのみ!!本番前にはコースを事前に試走もできるので初めての方はぜひ試走しましょう。ただしやりすぎ注意です!本番前につかれちゃいますからね。(笑)

富士チャレンジスタートです

レースはソロ、チームともに全てのカテゴリーが一緒にスタートします。スタートは沢山の人が一斉にスタートするので初めてレースに参加する方はできるだけ無理をせずに空いたスペースを狙いましょう。後は1周約4.5kmほどのコースを周回します。チームで参加する方は何周で交代するかなど、あらかじめチーム内で作戦を練り、自身のピットで交代します。ソロの方は休まず走り切る方もいらっしゃれば、ピットで休憩しながらマイペースで走る方もいらっしゃいます。みんなで楽しみながら参加するにはチームで、自分ひとりの力を試してみたいっ!って方はソロで参加するといいでしょう。さらに休憩中はレースを観戦したり、色々なメーカーさんの出店ブースをみたり、露店で食べ物を食べたりと色々楽しめます。レースに参加しないご家族や、友人などもピットに入る事が出来るので応援だけでもたのしいですよ。とにかくエントリーした距離を時間内に走り切りましょう!

準備するものや注意点

最後に耐久レースで準備するものや注意すること、当たり前ですが自転車、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車、車に積む際はホイールを忘れずに。(笑)

着る物ですが富士チャレンジは毎年9月に開催されます、標高も高いので当日の天候によっては、長袖も必要となります、夏用ジャージ、冬用ジャージ、各種ウォーマー、レインジャケットなど全ての天候に対応できように準備しておくといいでしょう。当日朝に決めて着替えましょう。使わなければ車に置いておいて大丈夫ですので。さらに雨がふれば着替えのジャージもあるといいですね!

飲み物は忘れずに。耐久レースですので走行中の飲み物も大切です、会場にももちろん自動販売機などもありますので大丈夫ですが結構売り切れてる事もあります。(笑)さらに走行中に食べれる補給食も必須です。事前に必ず準備しましょう。

昼食は富士スピードウェイのレストランや、会場に出店している露店などもございます、もしくはお弁当などを持参してピット内で食べるのも大丈夫です。

自転車にとりつける部品ですが、各大会で色々と変わってくるとは思いますが、スタンド、ライト、サドルバックなどは走行中ははずさないといけない場合がほとんどです。落下すると事故につながりますので。サイクルコンピューターは大丈夫ですので必ず事前に大会ホームページで確認しましょう。

と、ざっくりと自転車レースのご案内をしましたがどうでしょう。(笑)とにかく初めての自転車レースでも特にサーキットの耐久レースはお祭り感覚で参加できますのであまり不安がらずに楽しめます!しかもサーキットの路面は本当にきれいですので超気持ちいいんですよ!サイコーです!せっかくロードバイクやクロスバイクを手にしたら一度は参加してほしいですね!

でわでわ。

※写真は2015年、2016年の様子です。2016年は雨だった~!(笑)