初心者にもおすすめ!TREK(トレック)2018モデル、DOMANE SL5(ドマーネSL5)

2018年モデルTREK(トレック)DOMANE SL5(ドマーネSL5)がお得!

当店でも極上な乗り心地が大人気のカーボーンロードバイク。TREK(トレック)DOMANE SL5(ドマーネSL5)が2018年モデルにコストパフォーマンス抜群で登場!初心者の方や初めてのロードバイクには得におすすめな1台に!2017年モデルではDOMANE SL6(ドマーネSL6)410,000(税込)からのラインナップでしかなかったOCLV500カーボン採用の極上バイクが、2018年モデルでは260,280(税込)となんと20万円代から手にすることが出来るのす!さらに2017年モデルではフレーム価格が240,000((税込)だったので、これで2018年モデルがどれだけ驚きのプライスかが分かってもらえるかと思います!DOMANE SL(ドマーネSL)の極上な乗り味と、OCLV500カーボンの軽量なフレームはロングライドからヒルクライムまで幅広く活躍すること間違いなしです!

OLLV500カーボン、ダイレクトマウントブレーキ採用

フレーム素材は2017年モデル同様にTREK(トレック)が誇るカーボン製法OCLV500カーボンを採用し、軽量、高剛性、さらにダイレクトマウントブレーキ規格採用でより安定した制動力と軽量化!ダイレクトマウントブレーキ規格は何とトレックとコンポーネントメーカー、シマノによる共同開発!今では様々な自転車メーカーも採用するブレーキ規格となりました。トレックの開発力はやり業界をリードする素晴らしい物がありますね!もちろん業界最高クラスの保証制度【限定生涯保証】の安心フレームと言う事も忘れてはいけません。

Iso Speedが長時間のライドを快適に!

トレック アイソスピード テクノロジー

剛性と振動吸収性を両立させる数十、いや数百ものアイデアが試され、様々な結果を残してきた。中には多くの振動吸収性素材やサスペンションシステムも含まれる。これらすべての試みは見事なものであったかもしれないが、プロライダーから好まれる効果と効率を両立させるものは存在しなかった。それは2012年までの話。IsoSpeedが誕生した年である。

従来のバイクフレームデザインに挑む、IsoSpeed。振動吸収性という課題への試行錯誤(サスペンションシステム、エラストマー、振動吸収ダンパーなど)に対し、IsoSpeedはダイアモンド型のフレーム形状を保つが、シートチューブをトップチューブから「分離」させ、路面からの振動に従いシートチューブをしならせるようにした。その結果、従来のレースバイクデザインが持つ感覚と効率の良さを兼ね備えつつも、路面からの衝撃を吸収するバイクが完成したのだ。

この「分離」は、バイクモデルによって、2つの方法で達成されている。どちらの方法も、振動吸収性に優れた走りを提供するという点で、効果は同じである。

フロントIsoSpeedでさらに極上な乗り味へ!

トレック フロント アイソスピード解説

 リアのIsoSpeedを好むライダーからのフィードバックに常に含まれるものの1つ、それは、今まで以上に荒れた路面が気にならなくなったが、それでも前輪から腕を通して振動が伝わってくるというもの。そこで私たちは、IsoSpeedでうまくいったものすべてをバイクの前部にも設置し、これを解決した。サドルで優れた振動吸収性を発揮する技術と同じものが、バイク前部でも得られるようになったのだ。フロント IsoSpeedはヘッドセット上部に位置し、リアのIsoSpeedに似たゆりかご状のロッカーカップに収められている。これにより、ステアリングコラムがしなり、バイクの前面にさらなる振動吸収性が加えられるのだ。ステアリングコラム上部のロッカーカップは横方向に一切動かないため、バイクを正確に操作できる。

シマノ105フルコンポーネント採用

コンポーネントは安心と信頼のシマノ製105を全て同一グレードで採用。ドマーネ SL5のコンポーネントは全てシマノ同一グレードで統一されているのも魅力です!自転車メーカーによってはシマノ105採用と言っても実は変速性能に大きく関わるクランクやチェーン、ブレーキ性能に大きく関わるブレーキキャリパーなどが他メーカーを採用する事が多いのです。トレックでも1シリーズなどではブレーキなどが他メーカーを採用する場合がございます。しそれらの部品をシマノ105同一グレードにアップグレードするには約3万円ほどかかってしまいます。そこまで考えると本当にお買い得ですね。しかしシマノコンポーネントの性能は素晴らしく沢山のお客様が後々カスタマイズされる事が多いいのも事実です。

業界一幅が広いボトムブラケット規格BB90を採用

BB規格もシマノクランクがアダプター無しで装着できるBB90を採用されるのも嬉しいですね。さらにBBシェル幅は業界一広い90mm。この幅が何が優れているかと言いますと、ロードバイクで一番力のかかるBB(ボトムブラケット)、幅を広げる事で左右にフレームがよじれる事なくしっかりと支える事が可能になり、より推進力に変わるのです。簡単にイメージしてください。肩幅と同じに足を広げた状態と、肩幅より足を広げた状態で横から押されると。もちろん足を広げた状態の方がしっかりと体を支える事が出来ますよね。と言う事です。(笑)

Iso Speedフォーク採用でさらなる快適性と安定性を

DOMANE SL5(ドマーネSL5)では、乗り心地やコントロール性、安定性を高めるIso Speedフォークを採用。縦方向への柔軟性を高める形状による快適性と、ホイールベース長を最適化し安定性を高める特徴的なドロップアウト。2つの要素を高次元で実現しているのです。ステアリングコラムまで全てカーボン素材となっているので軽量性も備わっています。フロントIso Speedと合わせてもはや最強な組み合わせですね。(笑)

RIDE TUNDEシートマスト標準装備、デュオトラップSセンサー対応

TREK(トレック)バイクではもはや大定番、長時間のライドを常に最高のパフォーマンスで快適に、そして軽量化、RIDE TUNDEシートマストやサイクルコンピューターのセンサーを内蔵できるデュオトラップSにも対応。さらにDOMANE(ドマーネ)シリーズではマッドフェンダーマウントによりフェンダーをスマートに取り付ける事も可能です。天候にも左右されない所もぬかりないですね!

2018年モデルTREK(トレック)DOMANE SL5(ドマーネ SL5)

Domane SL 5

標準小売価格:241,000(税抜)

カラー:Matte Deep Dark Blue/ California Sky Blue

サイズ:50, 52, 54, 56, 58

カラー: Solid Charcoal/ Viper Red

サイズ:50, 52, 54, 56, 58