TREK(トレック)史上最軽量アルミロードバイク EMONDA ALR(エモンダALR)

初心者にもおすすめなワンランク上のロードバイク

EMONDA ALR(エモンダALR)はロードバイクの最も魅力的な要素、軽量さ、快適さ操作性を非常にバランス良く兼ね備えたアルミロードバイクです!当店でも初心者の方から上級者の方まで幅広く人気です。EMONDAの語源はフランス語の[Emonder] 削ぎ落す、と言う意味です。当時発表されたエモンダのハイエンドモデル「EMONDA SLR10」は完成車重量4.65kg(56サイズ)と衝撃的でしたね、さらにその重量でも「TREK 限定生涯保証」と言う保証制度で販売されているのもTREK(トレック)の技術力の高さですね。EMONDA ALRはそのハイエンドモデルを継承した超軽量アルミロードバイク!

フレーム重量960g

まずやはり気になるところ、フレーム重量960g(47cm、未塗装)、フォーク重量345g。と言うアルミフレームとしては驚異的な軽さですね!自社開発されたアルミニウム新素材「300 Series Alpha アルミニウム」を採用。アルミフレームの一般的なイメージはカーボンと比べると硬く快適性に劣るというもの。しかしエモンダは違います、トレック独自のAlphaアルミニウムはアルミの加速感を保ちながら振動を逃がすという、今までにないアルミバイクの快適性も誇ります。それぞれのフレームサイズに合わせた専用設計、硬いだけじゃない、軽いだけじゃない、軽量性と快適性を両立するバランスの優れたアルミロードバイク。

 

美しい仕上げの溶接技術

カーボンフレームのような美しい仕上げの溶接技術「インビジブル・ウェルド・テクノロジー」により見た目の美しさはもちろん、走りの性能、劇的な軽さ、快適性も向上。さらにカタログや写真だけではなかなか分かりずらいですが、ダウンチューブはカーボンフレーム同様「左右非対称のダウンチューブ形状」を採用し、ペダリングパワーを最大限に生かす伝達性能を実現しているのです。さらにボトムブラケットは軽量、高剛性、メンテナンス性にも優れるBB86.5を採用。BBの音なりなどのトラブルもほとんどなくシマノ純正クランクが完璧に装着でき、変速性能も向上します。

カーボンフォーク&コラム

EMONDA ALR6、EMONDA ALR5のフォークは上位機種のEMONDA SLと同じカーボンフォークを採用。コラムもカーボンを採用することで、フォーク重量を345gと軽量化しつつ、進行方向に扁平した楕円形状を採用し、抜群の剛性と快適性を両立しています。これにより安定したハンドリングも実現しています。ちなみに今でこそ様々なメーカーでスタンダードになった上下異形サイズのヘッドチューブ、実はトレックからなんですよ。豆知識。もう一つ豆知識。最近ダイレクトマウント規格のブレーキを採用するメーカー、ロードバイクも増えてきましたね。軽量で高剛性、エアロ効果にも優れているので採用するのも分かります。こちらも実はシマノとトレックの共同開発と言うのは知っていましたか!?発売当初は実はトレックしか採用されていなかったのです。やはりトレックの技術力の高さ、一歩先を行ってますね!そんな所が好きなんです。(笑)ちなみにEMONDA ALRにダイレクトマウントブレーキは採用されていません。ハイエンドモデル「EMONDA SLR」には採用されています。

内臓スピードセンサー

EMONDA ALRにはワイヤレスでスピードやケイデンス(ペダル回転数)の情報をサイクルコンピューターに送信する「デュオトラップ S」の装着が可能です。チェーンステー内側に内臓する事ができ、見た目も美しく空気抵抗にも優れています。一般的にはチェーンステーにインシュロックなどでポコっと取り付けます。些細な事ですがやはり見た目も大事ですよね。スマートにカッコ良く!※デュオトラップセンサーは別途購入が必要です。

シマノ製で統一されたコンポーネント

EMONDAシリーズには共通してほぼ全てのコンポーネントが信頼と安心のシマノ製で統一されているのも最大の魅力。ブレーキや変速機などのコンポーネントはフレーム同様にバイクの性能に大きく影響します。EMONDA ALRの優れたフレーム性能を最大限に引き出すためには欠かす事は出来ません。色々なメーカーさんでコンポーネントは「シマノアルテグラ」や「シマノ105」など、完成車に付いてくるコンポーネントの記載はありますが実は変速性能に重要なクランクや安全性に欠かすこと出来ないブレーキ、チェーン、等がシマノ製以外で装着されているケースも多いのです。それらをシマノ同一グレードに後々カスタムするとすぐに2万円や3万円と費用が掛かってきます。トレックのロードバイクでも車種によってはブレーキなどがシマノ製以外を採用するモデルもございますが、EMONDAシリーズは全てシマノ製コンポーネントです。さらにトレックのロードバイクは全てシマノ製純正クランクをそのまま採用できる規格となっているのも嬉しいですね!ボトムブラケットの規格も様々で、アダプターなどを採用しなければシマノ純正クランクの取付もできないロードバイクもございます、しかしシマノ製の変速性能は魅力的でみなさん最後はアダプターをつかってでもシマノ製にされる方が多いのも事実です。コンポーネントの浮いた予算でヘルメットやシューズなどもゲットです!

スペシャルカスタム

最後にEMONDA ALRはカスタムベースとしても非常に楽しめる一台です。例えばボントレガー製のカスタムパーツ、ホイール、タイヤ、ハンドル、ステム、シートポスト、サドルをアップグレードすることでなんと7kgを切る超軽量仕様にもなります!カスタムの仕方一つでヒルクライムやロングライドにぴったりな一台にカスタムする事も可能ですよ。まずはEMONDA ALR(エモンダ ALR)からロードバイクを始めて、自分にはどんな楽しみ方が合っているか、それに合わせてさらに快適なロードバイクライフが楽しめるように自分だけのカスタマイズを楽しみましょう!カスタマイズのご相談もお気軽に当店スタッフまでお申し付けください!一緒にワクワクする一台を完成させましょうね~!