TREK WORLD 2019 ニューモデル試乗レポート!EMONDA ALR5(エモンダALR5)が熱い!

TREK WORLD でTREK(トレック)2019ニューモデルに試乗しました!!

8月7,8日に京都で行われたトレックディーラー向け新製品発表会「トレックワールド」に行ってきました!TREKの2019年ニューモデルやBontragerアクセサリーが一同に揃う圧倒的な規模の展示会です。カメラと試乗用ヘルメットを手にスタッフ全員で乗り込みました!!今回ここで紹介するのは2018でフルモデルチェンジをしたEMONDA ALR5(エモンダALR5), MADONE SL6(マドン SL6), EMONDA SLR7 DISC(エモンダ SLR7 DISC)を試乗してきたのでぜひ参考にしてみて下さい。

試乗を前に揃って記念撮影〜〜気合入ってます!!(笑)

 

TREK(トレック) EMONDA ALR5(エモンダ ALR5) 2019に試乗!

スタッフ西山 エモンダALR5試乗レポート

2019年フルモデルチェンジを果たした超軽量アルミロードの決定版、EMONDA ALR5。ワイヤーが内装されて、カーボンモデル風のすっきりした見た目に生まれ変わりました!展示ホールで新色のPurple Flip、Matte Gravel/Gloss Quicksilverの実車を見てまずカッコ良さに一目惚れ。試乗に期待が高まります。・・・そしていざ試乗。全員が口を揃えて「これ、いい!」。こぎ出しの軽さ、走行中踏み込んだ時の反応はカーボンモデル?!並みの感触です。それもそのはず、EMONDA ALR5はカーボンモデルに引けを取らないフレーム重量なんです!!(56cmサイズ= 8.75 kg) 普段EMONDA ALR4に乗っているスタッフ西山もじっくり試乗。軽さに驚いた後感じたのは今までのEMONDAシリーズに比べて走りがよりしなやかになった点です。EMONDA ALRはキビキビした軽い走りが特徴でしたがそれに加えて操作性がさらに良くなったように感じました。比較的?!大柄な私でもその良さをじゅうぶんに体感できました!!初めてロードバイクに乗ろう!と思っている方にはもちろん、今ロードバイクを楽しんでいる方にもオススメのモデルです。今回は標準仕様のホイールでの試乗でしたが、ホイールを軽量アルミやチューブレスタイヤに変えると「さらに」乗り心地がよくなると思うと、恐るべし!EMONA ALR5(笑)

スタッフ西山

店主の試乗レポート エモンダALR5

今回特に気になっていたモデル、エモンダALRに試乗。当店でも間違えなく一番人気のエモンダALRがフルモデルチェンジなだけにどう変わったのかワクワクでした!まずはスタッフ西山のコメントにもあったようにこぎ出した瞬間にわかります、「軽っ!」あくまでもバイクが軽いという印象ではなく漕ぎだしが非常に軽く、す〜っと進む!なんだかエモンダSLのフィーリングに近い漕ぎ出し感に感動!決して完成車重量では超軽量というわけではないのですがこの漕ぎ出しは反則です。(笑)

そこからスピードを乗せていくとしっかりと加速していきます、心地よく伸びていくのも非常に印象的です。超軽量となればやはり速度を維持すのには少し大変ですが、エモンダALRは違います!しっかりとバイクがついてきますね!ハンドリングも非常に穏やかでクセもなく本当に扱いやすいです。乗り心地に関しては前モデルとは大きく変わらない印象ですが、そもそもアルミバイクとしては非常に乗り心地良かったバイクですのでそのあたりはしっかり継承してますね!

もはやカーボンバイクに引けを取らないスーパーアルミバイク!(笑)初めてのロードバイクとしては最高の一台となり、すでにハイエンドカーボンバイクをお持ちの方にもアルミバイクのまた違った楽しさを感じられる最高の相棒になります!

しいて何かデメリットはないかといえば、やはり完成車ですとホイールは次のステップアップとしてカスタムしたいですね!完成車としてはかなりバランスよくまとまっているいる印象でしたがせっかくフレームが軽量なので、もう少し全体的に軽さが出るとまた楽しいと思います。

バイクの性能は重量だけでなくバランスが重要なんだなぁ〜っと改めて気付かされますね!そしてフレームの性能はやっぱり最重要。そこにさらにホイールをカスタマイズすることでまた新たな世界が広がります!そのためにはやっぱりフレームがどうであるかは当たり前ですね、トレックの技術力、開発力にはホントに毎回驚かされますね!(笑)2019もエモンダALRは間違いなくお買い得な一台です!!

店主

TREK(トレック) MADONE SL6(マドン SL6) 2019に試乗!

スタッフ奥村 マドンSL6試乗レポート

TREKのMADONEシリーズにミドルグレードSL6が登場したので試乗してきました!

モデルの内容としては2018年MADONE9.0とほぼ同じで、フレーム素材がOCLV600の代わりにOCLV500が採用されているモデルとなります!

乗った感じも今までと変わらず、漕ぎ出しは少し重たい感じがありますが、速度が乗ってくるとどんどん伸びていきますね!
変わったところと言えば、今までのMADONE9では漕ぎ出しや強く踏み込んだ時にカッチリした感覚があったのですが、SL6はしっかりした感覚を残しつつしなやかな漕ぎ味でした。

SLグレードでもMADONEはやっぱりオールラウンドに使えそうですよ!

 

TREK(トレック) EMONDA SLR7 DISC(エモンダ SLR7 DISC) 2019に試乗!

スタッフ奥村 エモンダSLR7 DISK試乗レポート

2018年度にフルモデルチェンジをしたEMONDA SLR 、昨年の展示会では試乗車として用意されていなかったDISCモデルにスタッフ奥村が試乗してきました!
普段EMONDA SLR キャリパーモデルを乗っていますが、やはりキャリパーモデルと比べてDISCモデルは走りの安定感が増していますね!

キャリパーモデルの踏んだ力に応じてスイッスイっと伸びていく感じは変わっていないのですが、DISCモデルになって足回りの剛性が上がっているので力強く踏み込んだ時により安心感があります!
ベースのバイクが超軽量モデルなうえ、さらにDISCブレーキが付いているので上りスイスイ下り安心のヒルクライムに最適のバイクですよ!
ホイールを平坦などに強いディープリムの物に変えたらまさにオールラウンダーですね!

スタッフ奥村

 

TREK(トレック) CHECKPOINT SL5 (チェックポイント SL5) 2019に試乗!

店主の試乗レポート チェックポイントSL5

さてさて今回エモンダALRとともに私店主が実は超気になっていたチェックポイント!2018の途中に発表されたトレックのグラベルロード。最大なんと45Cのタイヤまで履けてしまう面白いバイクです。恥ずかしながら今回初めて試乗させていただきました!(笑)何故このバイクが気になっていたかと言いますと、個人的にマウンテンバイクやキャンプなどアウトドアが好きなのでよく山やキャンプ場などに行くことがあるのですが、なんというかそんな時チェックポイントが横にあったらカッコイイ!(笑)単純にそこからです。(笑)

マウンテンバイクでキャンプ場までライドするには疲れるし、ロードバイクだとシューズなども考えるとキャンプ場まで入っていけないし・・・。う〜〜〜んこれだチェックポイントだ!(笑)

まず試乗して思ったのがこのバイクは短パンTシャツで乗るバイクだ!!!ロードバイクの感覚で漕ぎ始めるとやられます・・。やはりスピードはロードバイクには及びません・・。ガンガン漕ごうとすればするほどイヤになります。(笑)と思って気を抜いた瞬間に極上な感覚が!心地よすぎる乗り心地と安心感、フワ〜っと周りの景色が広がります。このバイクはゆる〜く流すバイクだ!のんびりと長〜く走りたい感覚になりますね!いや、長〜く走るためのバイクです!あえて荒れている路面を走ってみるとロードバイクではゴトゴトと失速するよな感じが、チェックポイントは失速しません!むしろにゅるにゅるにゅる〜〜っと滑らかに進んでいきます!これがチェックポイントの面白さか〜っと痛感しますね!オフロード走りて〜〜ってなります。(笑)

一見ドロップハンドルがついてロードバイクに見えるかもしれませんがこれはまた全然違うバイクですね!しかし考えてみれば本当にオールラウンドに使えるロードバイクと言ってもいいでしょう。荒れた路面もオフロードもオッケー!もちろん舗装路をメインに使用するならタイヤサイズを細くして軽快さをアップさせてもいいでしょう。ディスクブレーキなので雨の日でも安心してライドもできますのでロングツーリングには抜群!今年は店頭に試乗車も用意しちゃおうかなぁ〜とめっちゃ検討中!(笑)とにかくロードバイクまでのガチガチ感はちょっとなぁ〜・・とか、すでにロードバイクを持っているけどマウンテンバイクで山道まではいかないかなぁ〜・・・って方!とにかく自転車でどこまでも行きたいぞ〜!って方には超オススメなチェックポイントです!

店主

商品情報

EMONDA ALR5

価格:172,000円(税抜)

SHIMANO 105

 

MADONE SL6

価格:462,000円(税抜)

SHIMANO ULTEGRA

 

EMONDA SLR7 DISC

価格:743,000円(税抜)

SHIMANO ULTEGRA Di2

 

CHECKPOINT SL5

価格:297,000円(税抜)

SHIMANO 105