TREK(トレック)電動アシストクロスバイク(E-BIKE)VERVE+(バーブ+)の実力とは!?

TREK(トレック)電動アシストクロスバイク、E-BIKE(E-バイク)とは!?

いよいよ2019年モデルでは各社スポーツタイプの電動アシスト自転車が続々登場しております、当店でもお問い合わせがどんどん増えています!スポーツタイプの電動アシスト自転車ですが通称E-BIKE(E-バイク)と呼ばれ、一般軽快車の電動アシスト自転車とは、フレームの設計からモーターユニットが全く違った電動自転車となっているのです!

当店ではアメリカのスポーツバイクメーカー「TREK」のE-バイク、「VERVE+(バーブ+)」の試乗車を用意し、いつでも無料でE-バイクを体験する事が出来ますよ!

VERVE+(バーブ+)はスポーツバイクの中ではクロスバイクと呼ばれるカテゴリーに属して、主に週末サイクリングから通勤、通学に適した車種となっています。真っすぐなハンドルに軽量なフレーム、28インチ相当のタイヤサイズで自転車を乗れる方なら何の問題もなくスポーツ自転車を始められ、かつ一般自転車では感じる事の出来ない軽快さやスピード感を気軽に体感できるのです!

そんなクロスバイクが電動アシスト自転車となって登場したのがVERVE+(バーブ+)です!電動アシストになる事で通勤で利用しても汗もほどほど、ひと山くらい涼しい顔して超えられ、かつ健康的で経済的!何といっても爽やかすぎてカッコイイ!!!(笑)

例えば旦那さまがスポーツ自転車を趣味とされていれば、奥様はE-バイクで難なく一緒にサイクリングが楽しめますし、自転車でサイクリングは好きだけどどうしても坂は苦手だなぁ、なんて方にもサイコーの相棒になります。

そんなワクワクする電動アシストクロスバイクは絶対に注目な1台です!

TREK(トレック)VERVE+(バーブ+)の実力とは!??

TREK(トレック)のVERVE+(バーブ+)とは一体どんな電動アシスト自転車なのか!?電動アシスト自転車と言えば日本だとやはりヤマハさんやパナソニックさんの作る一般軽快車(ママチャリ)が有名ですが、あくまでも今回TREK(トレック)が作る電動アシストはスポーツバイク、フレーム設計はもちろんドライブユニットもスポーツ仕様となっております。ドライブユニットはドイツのボッシュ社、日本だと電動工具などで有名ですね、実は海外の高級自動車の部品を作っているんですよ~!そのノウハウが電動自転車に!

ですので一度走り出したらすぐに違いが分かります。ママチャリとは違う~~~!!(笑)当たり前ですよね!(笑)さすがはフレームはトレックのクロスバイク!漕ぎだしてからスムーズに走りだし、ポジションもしっかりクロスバイク、またアシストされる力が変速ギアを変える度に心地よく後押しされる感覚が非常に乗りやすい!

一般軽快車の電動アシストはどちらかと言えば漕ぎ出した瞬間にギュ~ンッ!っと伸び、信号でのスタート、ストップが多い市街地での使用に適している感じがしますが、VERVE+(バーブ+)はスポーツバイク、サイクリングなどにも適した味付けで、ペダルを回しながら滑らかにアシストされます。

これはボッシュのユニットの特徴的なところかもしれませんが、ボッシュのユニットは踏んだ瞬間のタイムラグが少なくダイレクト感が素晴らしい!なので踏んだら踏んだだけアシストされる感覚になります。なのでスポーツ自転車としてしっかりペダルを回しながら乗るのがいいですね!一番楽しい乗り方としてはやはり長い上り坂をしっかりギアチェンジしながら漕ぐと面白いです!電動アシストとはいえ、しっかり自転車を漕ぐ感覚がスポーツしてるなぁ~って感じ。でも疲れない。(笑)サイコーです。(笑)爽やかに自転車で遠くまで行ける!しっかり風を感じられる!サイコーです!(笑)

さらに嬉しいのが、スポーツバイクでありながらしっかりとした前後のドロヨケ、スタンド、前後ライトが標準装備!通勤では非常に強い味方となります!TREK(トレック)VERVE+(バーブ+)は本当に様々なシチュエーションで使える自転車です。これもう一家に一台バーブ+ですね!(笑)

嫁が乗るVERVE+ VS 店主が乗るロードバイク!さあどっちが勝った?

さあ長い前置きは置いといて、一番簡単にVERVE+(バーブ+)の凄さが分かるにはどうしたらよかろうか・・・?

簡単でした、嫁さんが乗るVERVE+ VS 店主が乗るロードバイクで当店から一番近い峠道、「足柄峠」にいってみたらいいじゃん!!!(笑)いやいやいやいやちょっと待て。ロードバイクはのんびりポタイング程度の嫁さん。もちろん足柄峠など登ったこともない。ちょっとぽっちゃり。(笑)そんな嫁さんがいくらVERVE+とは言えスーパースターな店主が負けるわけがないっ!!ナメラレチャ~困るわ~。

コースは当店のブログでも紹介しているコース「足柄峠」それではスタートです!

スタート直後から坂~~!店主はすでにキツイ~~!(笑)そんな中嫁さんはス~っと登りおいおいっ!どうせそんなペースでは後でやられるぜ~って店主は余裕~。(笑)しかし様子がおかしい・・・。広域農道ではもちろん追いつかず、矢倉沢・・・。まだ存在は確認できる。矢倉沢の激坂でやられちまえ~!っておいおい。どんどん離れる、下がってこない、いよいよ見えなくなった・・・。マジか。でも最後まで分からん!!(笑)

って感じで最後まで嫁を確認することはできず・・・。(笑)結局対決にもならず無念。余裕で負けた。嫁的には良い運動らしい。マジか。(笑)

さらに待ちくたびれて一緒に登ったお仲間を探しに行く体力の余裕さ・・・。嫁さんと一緒に自転車に乗っているとは思えない。峠の頂上で嫁さんと楽しかったな〜なんて会話してるのが面白すぎる。(笑)お互いロードバイクだったら峠に一緒に行く選択肢はないですがE-バイクは全然関係ない。(笑)こんな夫婦の楽しみ方もできるのはいいっすね〜!もちろんE-バイクとはいえ自転車ですのでしっかり自転車を漕ぐという感覚はあります、ですので峠を登りきった達成感はやはりあるそうですよ!そして長〜い下り坂でも安心の油圧式ディスクブレーキ装備なところも実はポイント。もちろん雨でも制動力が良いので通勤中の突然の雨でも安全です。

帰りは地蔵堂にある万葉うどんで飯〜!ここに自転車で嫁がいるのもまた面白い。(笑)

VERVE+(バーブ+)の重量や航続距離は?そして価格は?

ちなみに日本の法律では時速24kmまでのアシストとなるので、ど平坦をVERVE+(バーブ+)で走行しているとアシストがもっと欲しいなぁ〜って感じになります。(笑)どうしてか?と言いますと、やはりそこはしっかりとしたクロスバイクなのです。何気なく走行しているとすぐに時速20km程度まで上がってしまうのでアシスト力が少なくなって行くのです。そこはさすがだなぁ〜!って感じです。VERVE+(バーブ+)はやはりスポーツタイプの電動アシスト自転車!

でも少しでも登り坂に差しかかると速度も落ちますので「ググググウィ〜〜〜〜〜ン!!!」と伸びていきます。(笑)当たり前ですがサイコーに楽チンで気持ちが良い。(笑)なので不思議なくらい坂が登りたくなります。(笑)

そしてみなさん気になると思うのが実際どれくらいバッテリーが持つのか?自転車の重量は?価格は?ってシンプルに気になりますよね?(笑)

ちなみに走行モードを切り替えることにによってアシストされる力やバッテリーの持ちも変わります。VERVE+(バーブ+)の場合、エコモードで約100km程走行可能です。実際には走る状況などにもよるとは思いますがもう少し走りますね。

重量はMサイズで20.57kg

価格は231,000(税抜)

この価格は正直魅力的ですね!(笑)トレックさん頑張ってますね〜!

とにかくこの電動アシストクロスバイVERVE+(バーブ+)は記事を読むだけじゃどうにも楽しさが伝わりにくいのです!こんだけ書いてますが。(笑)ぜひ実際に乗って自分の足で試してほしいのです!当店ではいつでも無料でVERVE+(バーブ+)の試乗体験ができますのでぜひ体験して見て下さい!

試乗車ページはこちらから!

TREK(トレック)E-BIKEラインナップ

VERVE+(バーブ+)

カラー DEEP DARK BLUE

サイズ S.M.L

重量 20.57kg(Mサイズ)

価格 231,000(税抜)

詳しいスペックなどはこちらからご覧ください。

航続距離約150km!!バッテリーもスッキリに収まったニューモデル!!

DUAL SPORT+(デュアルスポーツ+)

カラー TREK BLACK

サイズ S.M.L

重量 20.58kg(Mサイズ)

価格 352,000(税抜)