トレック FX2 DISC (2020)

TREK(トレック)2020年、FXシリーズがモデルチェンジ

【FX1, 2, 3】2020年モデルの特徴

1. 全てのモデルのワイヤーは内装式になります。

2.フロントフォークはクローズエンドへ変更され、ホイールの固定がスルースキュー式になり、正しい位置に容易に装着できるようになります。

3. 全てのモデルがディスクブレーキ仕様になります。
FX1→機械式 FX2&FX3→油圧式

4. FX3フロントチェーンリングが3枚から2枚に変更され、よりフィットネス志向となります。

優れたコストパフォーマンス

トレックはアメリカで圧倒的なシェアを誇るなど、世界で愛されるスポーツバイクブランドです。クロスバイクのFXは最もお求めやすい価格でトレックを手にできるモデルです。価格は抑えながらも変速関係の部品は安心のシマノコンポーネントを採用、安定した変速性能と高い耐久性を実現しています。FX3/2/1にはトレック独自のアルミ素材「アルファアルミニウム」を採用。一般的なアルミニウムより軽く、力が逃げにくい素材のため、より快適なライディングを楽しめます。

自転車通勤に最適

FXシリーズはディスクブレーキを採用しているのでどんな天候でも安心して止まれます。
さらに、FX2のフレームは、キャリアやフェンダー(泥よけ)をボルトオンで装着可能。
トレック独自のブレンダーシステムでハンドル中央にライトやサイクルコンピューターをアタッチメントやストラップを使わずに装着することができます。目的に応じたカスタマイズが可能です。

洗練されたトータルデザイン

フィットネスや自転車通勤を続けるモチベーションは、愛着の持てるデザインかもしれません。トレックのバイクは全て米国ウィスコンシン州ウォータールーにあるトレック本社でデザインされています。シンプルながら洗練された機能美がトレックの特徴。FXのデザインにも深く反映されています。トレックはライトなどのアクセサリーも自社開発(ボントレガーブランド)クロスバイク本体とアクセサリーの統合を実現しています。トレック独自のBlendrシステムを使えば、アタッチメントやストラップを使わず、ハンドル中央に直接サイクルコンピューターやライトを装着することができます。

フレーム

フレーム : Alpha Gold Aluminum, DuoTrap S compatible, internal cable routing, flat mount disc, rack & fender mounts, 135x5mm QR
フォーク : FX Alloy, flat mount disc, rack mounts, 405mm axle-to-crown, ThruSkew 5mm QR

コンポーネント

ホイール : Bontrager Connection, schrader valve
タイヤ : Bontrager H2, wire bead, 30 tpi, 700x35c

シフター : Shimano Altus M310, 8 speed
フロントディレーラー : Shimano Tourney TY710, 34.9mm clamp, top swing, dual pull
リアディレーラー : Shimano Acera M360, long cage
クランク : Forged alloy, 48/38/28, chainguard
カセット : HV410, 1/2×1/8
チェーン : KMC 27
ペダル : Bontrager Satellite City pedal

サドル : Bontrager Sport
シートポスト : Bontrager alloy, 27.2mm, 12mm offset
ハンドルバー : Bontrager alloy, 31.8mm, 15mm rise
ステム : Bontrager alloy, 31.8mm clamp, Blendr compatible, 7 degree
グリップ : Bontrager Satellite
ヘッドセット : 1-1/8″ threadless, sealed cartridge bearings
ブレーキセット : Tektro HD-R280 hydraulic disc

重量 L – 11.95 kg / 26.34 lbs

価格

66,000(税抜)

クロスバイク一覧