初めてのカーボンロードバイク

カーボンロードバイク2車種のスペックを比較

金属に比べて軽量かつ、高い剛性を確保できるカーボンファイバーは、ロードバイクのフレーム素材としても人気があります。デメリットとしては金属フレームに比較して価格はアップしてしまうこと。それでも近年では、素材や技術改革により低価格ながら優れたカーボンフレームが登場してきました。

このページでは、サイクルショップエンドウ開成店でも非常に人気のあるカーボンロードバイク「トレック・エモンダSL5」「トレック・ドマーネSL5」の2車種を比較紹介していきたいと思います。

2車種のスペックを比較

エモンダ SL5 ドマーネ SL5
2019トレック エモンダSL5 ドマーネSL5
価格(税抜) ¥223,000 ¥241,000
トレックのロードバイク中「最軽量」をコンセプトに開発されたのがエモンダです。登りでは軽さを活かし、コーナーや下りでのコントロール性にも優れます。エモンダSLは500シリーズOCLVカーボンを使用し、シマノ105を搭載したモデルです。 ドマーネは長いホイールベースと低いBB位置、トレックだけの振動吸収テクノロジーIsoSpeedを前後に搭載したロングライドバイクです。エモンダSL5と同様に500シリーズOCLVカーボンを使用、コンポーネントにシマノ105を搭載しています。
フレーム素材 500 Series OCLV カーボン 500 Series OCLV カーボン
フォーク Émonda carbon, tapered steerer Domane carbon, carbon steerer
BB下がり(56cm)
ボトムブラケットの低さ
7 cm 7.8cm
ホイールベース(56cm)
前後の車軸間の距離
98.3 cm 100.8 cm
タイヤ Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700 × 25c Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700 × 28c
変速機 22速(2×11)
メイン
コンポーネント
Shimano 105
ブレーキ Shimano 105
ダイレクトマウント
重量(56cm) 8.68 kg 9.04 kg

エモンダ SL5

2019トレック エモンダSL5

エモンダはトレックのロードバイクラインナップ中「最軽量」をコンセプトに開発されました。軽さを活かしたヒルクライム、軽快なハンドリングを活かしたダウンヒル、ダイレクト感がありながら、しなやかな剛性感のフレーム。全ての場面においてバランスの良さが光るのがエモンダです。

2019トレック エモンダSL5

程よい剛性感が得られる500シリーズOCLVカーボンを使用

2019トレック エモンダSL5

マドンやドマーネと比較すると、一見シンプルなつくりに見えるエモンダですが、左右非対称のBB部分や下側が大きいテーパー状のヘッド部など高剛性を意識した部分に対し、柔軟性を重視し、驚くほど細く作られたシートチューブ、薄く作られたトップチューブなど、機能美に溢れています。

2019トレック エモンダSL5

2019トレック エモンダSL5

エモンダSL5はコンポーネントにシマノ105を使用。ブラケット部分が小型化されたシマノ105は、手が小さな方にも握りやすいと好評で、軽さ・走り・値段のバランスが非常に高いのもエモンダSL5の特徴と言えます。

ドマーネ SL5

2019ドマーネSL5

シンプルなエモンダに対して、前後にトレックが独自開発した衝撃吸収テクノロジー「IsoSpeed」を搭載したモデルがドマーネです。更にエンデュランスジオメトリー(長いホイールベースと低いBB位置など)により、舗装の悪い路面や下り坂、疲労したロングライド後半でも抜群の安定感を誇ります。

2019ドマーネSL5

特徴的な形状のドマーネカーボンフォーク

2019ドマーネSL5

衝撃吸収テクノロジーIsoSpeed(フロント)

2019ドマーネSL5

IsoSpeedテクノロジー(リア)

IsoSpeedの仕組みは、通常一体化しているシートチューブとトップチューブを分離させることで、シートチューブを前後にしならせることです。極めてシンプルなシステムのため、ペダリング・ハンドリングを犠牲にすることはなく、重量が僅かに増加する程度です。耐久性も問題なく、ドマーネのフレームにも、トレックが誇る業界一の生涯保証が付いています。

2019ドマーネSL5

2019ドマーネSL5

ドマーネSL5は、エモンダSL5と同様にシマノ105をコンポーネントに採用しています。エモンダと異なるのはタイヤ幅で、エモンダが標準的な25cを採用するのに対しドマーネは幅広の28cを採用。より低い空気圧を設定することで、更に優しい乗り心地を得ることができます。

エモンダSL5/ドマーネSL5、どちらを選ぶ?

簡単に言い切ってしまうと、軽さとキビキビしたハンドリングのエモンダSL5に対し、乗り心地と高い安定性のドマーネSL5という感じでしょうか。使用するフレーム素材は同じ500シリーズOCLVカーボン。コンポーネントもシマノ105で共通ということで、価格も近い2モデル、どちらを選ぶかは本当に悩むケースですよね。

サイクルショップエンドウでは、エモンダSL・ドマーネSLの試乗車をご用意しています。実際に乗り比べて、2台のフィーリングの違いを味わってみてください。

自転車で楽しむことが大得意なスタッフが、お住まいのエリアのおすすめサイクリングコースをご紹介することも出来ると思います。山が多い、平地が多いなど、楽しめるフィールドに合わせたバイク選びも出来るかもしれません。お気軽にご来店ください。