初めてのサイクリングシューズ&ペダル

初めてのサイクリングシューズの選び方

ロードバイクをこれから始める方、今は普通のペダル(スニーカー)で乗っているけどそろそろロードバイクに慣れてきたって方、スポーツ自転車には専用のサイクリングシューズがお勧めです。ちなみにクロスバイクやマウンテンバイクでも使えちゃいます。

サイクリングシューズの特徴は普通のスニーカーに比べてソール(靴底)が硬いので踏み込んだ時の力がしっかりペダルに伝わります。そして、最大の特徴はシューズとペダルをカッチっと固定することが出来るんです。踏む力に上に引く力も加わります。ペダリングが踏み込む→回転させるに変わるイメージです。

疲れにくくなるので長距離サイクリングをより楽しむことが出来ますし、上り坂も楽になります。本当に感動します(笑)。シューズとそれに対応したペダルにはいくつか種類がありますがここでは代表的な2つのタイプをご紹介します。

SPD-SLシューズ&ペダル

ロングライドや坂を登るのが好きな方?(笑)にお勧めなのがSPD-SLシューズです。ソール(靴底)もより硬いこと、踏む面が広いことからペダリングの力が効率よく推進力になります。ロードバイクに最適な形です。

SPD-SLシューズの弱点?!は靴底につけるクリートという樹脂製の部品が出っ張っていて歩きづらい点。目的地で観光を楽しむなど長時間歩く場合は別にクリートカバーがあると便利です。また、もし削れてしまってもクリートだけ交換できるので安心してくださいね。

▲SPD-SLペダル。105やUltegraなどグレードが上がるとより軽量になります。ペダルからシューズを外すときは足首を少し捻る感じで簡単に外れます。また、ペダル側の外す時のバネの強度を調整出来ます。

▲SPD-SLシューズ。先端(つま先側)を先に入れ後ろ側がパチンとはまる感じです。

SPDシューズ&ペダル

もう一つの代表的なタイプがSPD!街乗りやサイクリングに最適です。片面がフラットになっているタイプのペダルは時にはスニーカーで乗れちゃう便利機能付きです。

クリート金具をソールでカバーするタイプのシューズにすれば横から見ても出っ張っていません。(カバーを後付けするタイプのシューズもあります)着いた先では歩いて観光したいって方にお勧めです。SPD-SLシューズに比べてソールも柔らかいので歩きやすいんです。また、軽い力でつけ外しが簡単なのも特徴です。サイクリングシューズに興味あるけど降りる時ちゃんと外れるかなぁ〜って心配な方にもお勧めです。

▲SPDペダル。両面専用シューズで使用するものと、写真の様に片面はスニーカーで使用できる様に平らになっているタイプもあります。

▲GIROのSPDシューズ。クリート金具の周りをソールでカバーしているので歩きやすいです。そしてお洒落(笑)

※重要!!サイズ選びとクリートの取り付け

サイクリングシューズのサイズを選ぶときは実際に履いてみるのが一番。普段の靴と同じサイズで選ぶと合わないことがほとんどです。お客様の足のサイズをしっかりと計測した上でぴったりのサイズをお勧めさせていただきます。また、クリートの取り付け位置は微調整が必要なんです。ご自身にあっていないサイズや取り付け位置で足や膝を痛めないためにもぜひ当店をご利用ください。

また、当店で取り扱っているボントレガーのサイクリングシューズには30日満足保証が付いています。万が一実際に使ってみたけど合わなかった場合はサイズの変更や返品を承ることも出来ます。まずは店頭で履いてみてください。

いまサイクリングシューズを使っていらっしゃる方も破損したりアッパーが伸びたりしていませんか?お買い替えに付いても気軽にご相談くださ〜い!!

ぴったりのシューズで気持ちよく、思いっきりサイクリングを楽しみましょう!!

(スタッフ西山)


Tagged on: